オンラインゲームをつくるまでの記録~VRを使ったゲーム開発~

Unity上でVRオンラインゲームを開発するまでの記録です。

ところどころをざっとまとめてある感じです。

ゲームシステムとしてはFPSに近い感じと考えています。

Unityを使い始める

初心者向けに書く予定ですが、まだ書いてません-_-
いつか書きます。

ゲームを作る

> VRに対応させる

UnityでVRゲームを初めて作る方に向けて Google VR SDK の使い方を説明しています。「VRゲームを作りたいな~」「でも難しそうだな~」なんて思っている方に簡単だとわかってもらい、手軽に始められるように書きました。

>コントローラーに対応させる

今回のスマホゲームはVRの為、コントローラーを使っての操作になります!

通信ができるようにする

> UDPを使ったパケット通信

マルチプレイゲームの基本・通信機能の部分に焦点を当て書いた記事になります。今回はFPSのようにプレイヤーの動きに俊敏に対応できるようにUDPを使って通信します。

> UPnPを使ってNAT越え

これまででUDPを使った通信でキャラクターを動かすことができるようになったが、オンライン上で通信するには基本サーバーが必要。しかしそんなサーバーを用意する予算がないためP2P通信でゲームを作ろうと考えた。

しかし、P2P通信をオンライン上でするためにはNAT越えという難関が待っている。

そこで私がNAT越えをする為に考えたのが「UDPホールパンチング」「UPnP」の2つだった。

NAT越えを楽々してしまおうと考えた結果まずは「UPnP」を使うこととした。

>UDPホールパンチングを使ってNAT越え

この記事は準備中です。しばらくお待ちくださいね^^

トップページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です