オンラインゲームをつくるまでの記録~VRを使ったゲーム開発~

Unity上でVRオンラインゲームを開発するまでの記録です。

ところどころをざっとまとめてある感じです。

ゲームシステムとしてはFPSに近い感じと考えています。

Unityを使い始める

初心者向けに書く予定ですが、まだ書いてません-_-
いつか書きます。

ゲームを作る

> VRに対応させる

UnityでVRゲームを初めて作る方に向けて Google VR SDK の使い方を説明しています。「VRゲームを作りたいな~」「でも難しそうだな~」なんて思っている方に簡単だとわかってもらい、手軽に始められるように書きました。

>コントローラーに対応させる

今回のスマホゲームはVRの為、コントローラーを使っての操作になります!

通信ができるようにする

> UDPを使ったパケット通信

マルチプレイゲームの基本・通信機能の部分に焦点を当て書いた記事になります。今回はFPSのようにプレイヤーの動きに俊敏に対応できるようにUDPを使って通信します。

> UPnPを使ってNAT越え

これまででUDPを使った通信でキャラクターを動かすことができるようになったが、オンライン上で通信するには基本サーバーが必要。しかしそんなサーバーを用意する予算がないためP2P通信でゲームを作ろうと考えた。

しかし、P2P通信をオンライン上でするためにはNAT越えという難関が待っている。

そこで私がNAT越えをする為に考えたのが「UDPホールパンチング」「UPnP」の2つだった。

NAT越えを楽々してしまおうと考えた結果まずは「UPnP」を使うこととした。

>UDPホールパンチングを使ってNAT越え

この記事は準備中です。しばらくお待ちくださいね^^

トップページに戻る

スマホ向けに始めるVR Part1

どうも!洋梨🍐です!

みなさん「VR」ご存知でしょうか?
今この「VR」や「AI」がホットな分野だと思います!(個人的意見)

そんなわけで今回は簡単なVRアプリの作り方について初心者にもわかりやすく書いていこうと思います!

作成時間の目安は

Unity、プログラミング未経験者:30分
Unity初心者:10分
Unity経験者:5分

ほどで出来ると思われるほどVRの参入は簡単です!
※個人的体感速度になります。

ぜひ、そもそもアプリを作ったことがない方もやってみてくださいね♪

用意するもの

・スマートフォン (今回はAndroid)

作成したアプリをインストールして使います。
今回私は Xperia Z5 を使用しました。

※事前に設定で開発者オプション→USBデバックをONにしておいてください

・ヘッドマウントディスプレイ(HMD)


↑( 私が買ったのはこちら)↑
アプリを実行するのに使います。

・Unity

まだPCに入ってない方はこちらから無料版をダウンロードしてください!

・GoogleVR SDK (For Unity)

Unityに取り込んで使います。ここからダウンロードできます。

プロジェクトの作成

まずUnityを起動し、プロジェクトを作成します。

お好きな名前、ファイルパスに設定し3Dで作成してください。

GoogleVR ForUnity のインポート

事前にダウンロードした「GoogleVRForUnity_[バージョン名].unitypackage」をUnityが起動した状態で開きます。すると、

この画面が出ると思うので最初は無心でImportをクリックしてください!

インポートが完了するとAssets/GoogleVRが作成されているのが分かると思います。

Prefubのアタッチ

Assets/GoogleVR/Prefubsの中から

・GvrEventSystem

・GvrControllerMain

・GvrEditorEmulator

を探して無心でとりあえずシーンに追加します。

PlayerSetting

Unity上部タブ「Edit」→「Project Setting」→「Player」を開きます。

ドロイド君タブ内のXR Settingを開き、Supportedにチェックをつけ、+ボタンから上画像のように無心で追加します。

オブジェクトの追加 (任意)

この上までの作業でもう既にVRアプリは完成しています!

しかし、ステージ上に何もないため実行しても何もない世界を見渡すだけになってしまいますので何かしら追加したいと思います。

過去に作った3Dモデルがあれば配置してもいいし、

無ければ右クリック・Createから3D Objectなどで作ってもいいと思います!

ビルド

ではこれでプロジェクトが完成したのでアプリを実際動かしていきたいと思います。Unity上部タブから「File」→「Build Settings」を開きます。

そしてAndroidを選びます。スマホがPCに接続されていることを確認したら、「Build And Run」で実行します。2台以上接続されている場合Run Deviceから実行する端末を選んでください。

※IphoneなどIOSでの実行はXcodeに出力、および実行の手順がありますが割愛させていただきます。

スマートフォンでVRアプリが実行できれば成功です。
思ってたよりとても簡単だったのではないでしょうか?

まだこれでは見渡すだけなので好評だったら動けるようにしたり、ゲームにしてみたりと続きを書いてみようかと思います~


エラーが起きる

この記事通りに実行しても環境によりエラーが出ることがあります。
アプリ開発・プログラミングにエラーはつきものです(;^ω^)
ここには一般的なエラーと解決方法を書いておきます。

UnityException: Minimum API Level Not Supported on Requested VR Device.Cardboard Requires a Minimum API Level of 19.

指定最低APIレベルが低すぎます。この場合ですと、Level 19 ( Android4.4 )以上にする必要があります。PlayerSettingを見直してみてください。

Build completed with a result of ‘Failed’

様々な原因がありますが主には

・スマホが接続されていない。(adbで接続できているか確認)
・JDK・SDKのパスが間違っている。(External Toolsで確認)
・パッケージ名が初期のまま(PlayerSetting→PackageNameを変更)


読んでいただきありがとうございました^^

これからもどんどん記事を書いていこうと思ってますのでどうぞよろしくお願いします!!

最新の記事を見る→