DropBoxをサーバーとして使った時の話

どうも。洋梨🍐です。

先日見つけたのクイズアプリがいいなーと感じたのもあり、今までとは違ったようなクイズアプリを作りたいと思ったので作成中なのですが、そんなとき一つの課題にぶつかりました。それは「サーバー維持費」です。

今回作りたいのはイラスト(画像)を使ったクイズアプリのため、

・アプリ内にデーターを含めるとどうしても容量大きくなってしまう

・アップデート無しで問題を追加できるようにしたい

というところを踏まえるとサーバーが必要だなと考えていました。

しかーし、ダウンロードだけならほかの方法があるのでは?と考え、ある方法を考えました。

DropBoxをサーバーとして使う

ファイル(zip圧縮)を今使ってるレンタルサーバーに置くことも考えたのですが容量があることや同時ダウンロードに耐えられないのでは?という懸念からDropBoxの共有機能を使えば行けるんじゃないか?と思い試してみました。

このリンク共有機能のこと

この様にDropBoxでリンクを作成し、最後の「dl = 0」の部分を「dl = 1」に書き換えると直接ダウンロードできるようになります。

今回はこのリンクをZipファイルデーターのダウンロード用リンクとして使いました。

アプリで使ってみた

試しに作ったアプリに取り込んでみました。取り組んだ部分はこんな感じです。

まずレンタルサーバーに置かれているアップデート情報にアクセスし、アップデートの必要なファイル情報(JSON形式)を取得します。

その後アップデートが必要なファイルがあったらDropBoxにアクセス・ダウンロードするといった仕組みをとりました。

ゲーム開始時にアップデートファイルをチェックし、インストールされてなかったら対象ファイルをダウンロード・解凍するといった仕組みです。

DropBoxを使ってもよくある普通のアプリとおなじ感じに実装できるということがわかりました。

でも

DropBox公式ページより

このようにDropBoxには上限が設けられている為、やはりサーバーは必要だということでした。

つまりテスト用としては便利ということでした。

あわせて読みたい