上手に3Dプリントをする方法

どうも!洋梨🍐です!

皆さん、3Dプリンター使ってますか??
今回は3Dプリントをより綺麗に行える方法を紹介したいと思います!

いたってシンプルです。

それは、

プリント台にしっかり固定し、ノズルと台を適切な幅にする

これだけです!

「いや、それがむずいんだよ!」「そんなの分かってるわ!」

と言いたくなると思うんですが、その通りなのです。再確認みたいなものです(;^ω^)

ではどのようにしっかりと固定するのか。これについて書きたいと思います。

プリント台に印刷物を固定する方法

プラットフォームシートを使う


3M 3Dプリンタープラットフォームシート(3枚入) ABS/PLA対応 3099AB

まずはこちら。

3Dプリンターとセットで買う方も多いのではないでしょうか?
私も最初の1年間はずっとこれを使ってました。

コンデションが良い時はしっかりと固定できます。

しかしまれにずれるのと、逆にしっかりつきすぎてなかなか取れないことがある事と、コストがかかるというところがネックです。

のりを塗る

こちらはほかの方法と重ねて行うことが多いのではないでしょうか?

効果はあるとよく言われ・よく聞きますが、私は全く実感できませんでした。

マスキングテープを使う


3M マスキングテープ 343 60mm×18M 2巻パック 343 60

結果から言います。この方法は、最高です

まず量がたっぷりあるので1印刷ごとに張り替えられます。

更にテープごと台から取り外せるため1層目の印刷スピードを遅く、温度を高くししっかりと台に印刷物を固定するプリントをしても印刷物が台から取れないという事がありません!

よく見るのりで固定する方法などやっても印刷がうまくいかない~なんて方は是非!この方法試してみてください!

良いご報告楽しみにしてます!!

まとめ

試していただければ一番わかるとは思うのですが、3Dプリントでの胆は「固定する」ってところにあるのが分かると思います。

印刷がうまくいかずネットで情報を探していてものりを使う方法や設定を見直すなどばかりで正直何も役に立ちませんでした。(全くというわけではないけれど)しかし、何となく買ってみたテープを使うようになってから状況は激変したので是非皆さんにもこの綺麗に印刷できた時のうれしさを味わっていただきたく記事を書きました。

皆さんのためになったら幸いです^^

読んでくれてありがとうございました。

今後も様々なモノづくりの記事を書いていくので是非よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です