インターネット上の情報からどこまで個人を特定出来るのか

こんちゃ。洋梨🍐です。

まれにソーシャルメディア上で「IPアドレスからお前ん家特定したわwww」とか言ってる人居たりしますが、実際インターネット上から得られる情報でどこまで特定(個人で)できるかを実際やってみながら解説したいと思います。

IPアドレスから特定

よくネット上で特定元として言われる「ipアドレス」。果たしてこれを使えば特定が可能なのか?

結論から言うと、「これだけで個人特定は不可能(個人では)」です。

しかし、強い手がかりの1つとなるのは確かです。

例えばグローバルIPアドレスから個人は特定できないが、同一人物かは特定できます。

つまりこういう事です。

例えばTwitterで例えると、裏垢と本垢のIPアドレスは同じです。これは手掛かりになりますね。

しかし、IPアドレス(グローバルIP)は環境・状況で変わるので注意が必要です。

ちなみにphpでのipアドレスの取得方法は次の通りです

その他得られる情報から特定

URLを相手に踏ませることで特定できる情報はいくつかあります。(ipアドレスもその内一つです)

例えば次のものがあります

・OS、ブラウザ等 情報

・ホスト名

・使用言語

これらも確認程度くらいの多少な手掛かりになりますよね。

※ちなみにJavaScriptでのアクセスが有効な場合は かなり正確な位置情報 を取得することが出来ます。どのくらい正確かといいますと、

こんくらいです😇

んーーーーこれはまずいですね^^;

スマホからのアクセスの場合、GPSなどを使った測位なので誤差はほぼ無いに等しいでしょう。くれぐれも位置情報を共有してしまわないように気を付けましょう~

ちなみにソースコードはこんな感じです

表示された緯度経度をGoogleマップなどで検索すれば位置が地図上に出てきますよ!

ユーザー名・IDから特定

これもよくある特定のされ方なのではないでしょうか?これは「ユーザーのIDがどのSNSでも一緒な人が多い」という所から特定されるパターンです。

フォロワーから特定

これはユーザー本人が個人情報を載せてなくても、よく話している・フォロワーいる人が個人情報を乗せているせいでバレるというパターンです。

友達から情報漏洩

炎上した時によくあるパターンです。

「誰が漏らしたかなんて分からないから言っちゃお」パターンです。誰が裏切ってくるか分からないという人、気をつけてくださいね。

まとめ

IPアドレスから特定されることはない。もし「なんで特定されたんだ?」と思っている人はどこかから情報が洩れてます。いま一度見直してみてくださいね☀

※ちなみにIPアドレスに(個人では)と書いてるのはプロバイダーに問い合わせればIPから本人が割り出せるためです。なのでばれたくない通信をする人はIPを隠せるTor等使いますよね。

炎上には気を付けよう👼


ここまで読んでくれてありがとうございました!!

ホームページでは他にも

・様々な記事や作った作品および過程
・ソースコード、素材ファイル
・あらゆる”モノ”の作り方

などなど随時、記事や作品を新規公開・更新していますので是非見ていってくださいね!見ていただけると本当に嬉しいです!

HTML+JSでスライドショーを作った時のメモ

今回はホームページに載せるためにJQuery等用いずHTML、javascriptのみで作ったスライドショーについての自分で見直す用のメモになります。使いたい人はいないと思いますが、もし使いたい方いましたら是非一部でもコピペして使ってくださいね👼

ボタン式スライドショー

⬆このようなクリック式スライドショーになります。

HTML+JavaScriptで作っています。

まずはHTMLのソースコードです。

※CSSで整形して使用してください。

次はJavascriptの部分です。

使い方

スライドショーに入れたい画像を複数枚用意し、名前を「オリジナルの名前_○」でひとつのフォルダーに保存します。※○には番号(0,1,2)と振ります。

Javascriptのソースコードの定数「SLIDE_PIC_PATH」をスライド画像の保存されてるフォルダーまでのパスを入力してください。(例 http://younaship.com/img/)

定数「MAX_INDEX_SIZE 」を表示させたいスライドの画像の枚数を入力してください。※(インデックス数なので 枚数 – 1 )

HTMLでボタン、画像を配置して終了です。

⚠このスクリプトではボタンを押される事に画像を呼び出しているので画像サイズが大きい場合、表示にかなり時間がかかる場合があります。

仕組み

仕組みとしてはHTML上でボタンを配置し、onClick属性を付けることで押された時にJavascriptのchange_slide()を呼び出しています。

change_slide()は「変更する画像のID名 及び 画像のファイル名」「移動ページ数」を引数と取っています。

この例では、移動ページ数は左ボタンに-1、右ボタンに1を振ることでページ移動をさせています。

この関数が呼び出されるたびインデックスの数を上下させ対応する画像をdocument.write()で書き換えています。また、スライドショーが複数ある場合を推定して表示中のインデックスを保存する配列を用意してます。

応用

応用例としてこのスライドを自動で動くようにしてみたいと思います。

setInterval()を用いて一定時間ごとにchange_slide()を呼び出すことによりボタンをクリックしなくても自動で動くスライドにチェンジすることもできます。

⬆イメージとしてはこんな感じです。
この場合1000ms(1秒)ごとに次の画像を呼び出しています。

このように応用させて使ってもらうのが一番実用性あるかもしれません^^

読んでいただきありがとうございました♪

<メモここまで>